会社概要

経営理念

沿革

 

【 会社概要 】

商 号

株式会社 高岡金型センター

所在地

〒933−0328

富山県高岡市内島160番地

創 業

昭和44年(1969年)4月1日

資本金

69,350,000円

代表者

代表取締役 片山庄之助

職員数

40名

 

 

ページトップへ戻る

ライン

【 経営理念 】

すべての人が豊かになる

 

こころが一番だよ。一人が良くてもだめだよ。

 

「和而不動」 和して同ぜず

 

いろいろな情報にまどわされることなく、一致協力し、もの作りの心を大切に面白い仕事を積み重ねていく。

考え方のものさし、人。本を読む。話を聞く。

もの作りのものさし、技能検定、全員1級・特級技能士

 

”質の積極的開発を進め、粘りとすばやい行動をします。”

 

あたりまえをふやし、実行し、自分の行動とする。

あたりまえとは、考えて実行する事ばかりでなく、考えなくともできる様にする。

間違ったことはできない。

条件反射、自分を鍛える

 

”めじりをさげて ハイ イエスマン”

 

お得意様(人は)は考えて言っておられる。

まず素直に聞く、わからないことは謙虚に聞く(質問)。

まずはハイである。

言いやすい人には仕事が集まる。なんで自分ばっかりではなく、ありがたいと考える。

こわい顔、目は、目じりがあがる。こわい人には言いにくい。服装、印象のわるい人には言いにくい。

 

ページトップへ戻る

ライン

【 沿革 】

昭和43年

協同組合 高岡金型センター を設立。

14企業が富山県高度化資金を導入して工場の共同化を計画。

新鋭の生産機械を共同施設とし、これを軸とし建設。

三協アルミニウム工業(株)工作課にて職員研修開始。

アルミ産業の金型製作に新規に参入。

昭和49年

技能集団として労働省技能検定1級全員取得宣言しすすめる。

福利厚生事業 食堂棟を建設し運営 150給食。雇用促進事業団。

駐車場に消雪装置を設置 200m。

昭和58年

富山県地域フロンティア技術開発事業「アルミサッシのFMS化」。

三協アルミニウム工業(株)様全面協力により3年計画にて開始。

平成5年

本物を作る「ものづくりの心」を大切に、設計の強化、CAD4台増設。

部品加工の原点、材料ブロック加工の自動化自社仕様加工機2台設置。

提案設計のできる金型メーカーを進める。

平成8年

とやまテクノフェア 10周年 連続出展表彰受賞。

第18回日本国際工作機械見本市(東京ビックサイト)出展。

平成14年

3次元CAD「ソリッドワークス」導入。3次元ソリッドの設計開始、モールド型、樹脂押し出し積極的にチャレンジ、目に見える形での提案を実行。

平成17年

試作加工用NC旋盤導入、試作加工、飛び入り加工に対応する。

ソリッドワークス2006増設、3次元ソリッド設計システム構築開始。

マシニングストラデジスト固定5軸加工システム導入。

平成18年

高速ワイヤカット加工機導入。

除雪用機械導入、同運転資格15名取得、全員で作る環境対策を実行。

平成28年

協同組合から株式会社へ組織変更。

 

ページトップへ戻る

ホームへ戻る